asatoの技術的な日常日記

「成長に最大の責任をもつ者は、本人であって組織ではない。自らと組織を成長させるためには何に集中すべきかを、自らに問わなければならない」  非営利組織の経営 - ピーター・ドラッカー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ:科学と定量化

更新履歴
2008.03.05:「Designerly Ways of Knowing: design discipline versus design science」への参照を追加。
2008.01.05:論文のタイトルを載せました。


デザイン科学という言葉が気になる。「なんとか科学」、そもそも科学とは?

ドラッカーによれば:

 科学とは、多くの専門家が考えているような、定量化のことではない。もしそうならば、占星術は科学の女王となる。占星術は科学そのものでないことはもちろん、科学の応用でさえない。占星術は、現象を観察し、一般化して仮定とし、その仮定を観察によって検証する。しかしそれでも占星術は、科学ではなく迷信である。古代の航海上の記憶のヒントにすぎなかった獅子や魚への連想から、星座とその黄道内の動きに意味を与えるなどということなど、子どもじみた迷信以外の何者でもない。

 つまり、科学であると言いうるには、一貫した整合的かつ総合的な前提、そして公理の構築に加えて、科学の対象となる世界、すなわち有意なる現象を合理的に定義しなければならない。しかも、この科学の世界に関する定義と基本とすべき公理の構築は、いかに雑なものにとどまろうとも、科学的な手法を適用する前になさなければならない。これがあって、初めて科学的な手法が適用可能になり、大きな力を発揮しうるのだ。


P.F. ドラッカー経営論, 「経営科学の罠」, p. 79. より。

もちろん、ウィキペディア先生も参考に。

デザインと科学との関係について参考になる論文。


N. Cross, Designerly Ways of Knowing: design discipline versus design science, Design Issues, Vol. 17, No. 3, pp. 49-55, 2001.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asatohan.blog77.fc2.com/tb.php/94-ee14dbbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。