asatoの技術的な日常日記

「成長に最大の責任をもつ者は、本人であって組織ではない。自らと組織を成長させるためには何に集中すべきかを、自らに問わなければならない」  非営利組織の経営 - ピーター・ドラッカー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザイン:問題の構造化

過去の記事で何度か、デザインとは何かについて考えてみた。デザインの一つの側面は、意思決定ということだった。

「デザインとは何か?」対するGrady Boochの回答
デザイン:Design is a decision-making procedure/process


デザインと意思決定について書かれた論文を少し前に見つけて読んで勉強中なので軽く紹介してみる。この論文は、ソフトウェア設計者に対して彼らが行った意思決定についてインタビューした、という内容。

以下は論文の結論(強調と改行は僕による)。

Conclusion #1 is that software design is primarily about problem structuring.

Conclusion #2 is that the more structured the design problem was, the more the interview subject primarily discussed rational approaches to solve the problem, and the more that naturalistic approaches were facilitators to this discussion.

Conclusion #3 is that the less structured the design problem was, the more the interview subject primarily discussed naturalistic approaches to solving the design problem, and the more that rational approaches were facilitators to this discussion.

Conclusion#4 is that decision makers use either NDM or RDM as the dominant decision making approach but use aspects of the other decision making approach to implement their decision, depending upon the structure of the decision.





C. Zannier, M. Chiasson, F. Maurer

A Model of Design Decision Making based on Empirical Results of Interviews with Software Designers,

A Special Issue of the Journal of Information and Software Technology, p. 637–653, Feb 2007.

DL: http://ebe.cpsc.ucalgary.ca/ebe/index.php/Publications/Home



まだこの論文については勉強中なので、変な疑問しかいえないけど、問題の構造化といった場合、どこまでいうんだろうか? 問題と解が対になっているとすると、直感的には、問題の構造化と解の構造化が存在するように思える。

問題の構造化といえば、マイケル・ジャクソン の「プロブレムフレーム」の本が思い浮かぶ(買ったけどちゃんと読んでないので、今軽く読んでる最中)。論文で言われている構造化とプロブレムフレームの構造化が同じかどうかはわからないけど。

でこの本では、プロブレムフレームとデザインパターンが似ているとしている。似ているというのは「繰り返し発生する状況を特定し記述する」という意味らしい。

たとえば、あるデザインパターンを洗練するとしよう。もっと具体的に言うと、新たな実装方法が見つかったのでそれをパターン記述に加える、という感じ。この場合、解の構造に対する洗練を行ってるんじゃないだろうか? と感じる。

いずれにせよ、論文が言う意味での問題の構造化をきちんと理解しないといけないのかもしれないけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asatohan.blog77.fc2.com/tb.php/80-5f818e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。