asatoの技術的な日常日記

「成長に最大の責任をもつ者は、本人であって組織ではない。自らと組織を成長させるためには何に集中すべきかを、自らに問わなければならない」  非営利組織の経営 - ピーター・ドラッカー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Design Reading, Part 1: 前準備

Code Reading」という本があるけど(まだちゃんと読んでない)、じゃあ、Design Reading とかはどう?

そもそも、デザインとコードの違いは? Code Reading は、Design Reading と同じか? 違うとしたらその違いは何?
code_vs_design


ここでは「Design ReadingとCode Readingは、似ているが違う点もある」という仮説の基で議論していきたいと思う。図でいえば、(a)、(b)、(c) のどれかに対応する。

まず、プロセスとプロダクトでコードをデザインを区別したい。
process_product


次に、Code Reading と Design Reading のモデルを考えてみた。
model


途中でモデルが変わることがあるかもしれないけど、このモデルを基に考えていきたいと思う。

モデルの説明などの詳細はまた今度。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asatohan.blog77.fc2.com/tb.php/5-79a06e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。