asatoの技術的な日常日記

「成長に最大の責任をもつ者は、本人であって組織ではない。自らと組織を成長させるためには何に集中すべきかを、自らに問わなければならない」  非営利組織の経営 - ピーター・ドラッカー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Commercial Users of Functional Programming (CUFP)

 Commercial Users of Functional Programming (CUFP 2006)

最近、関数型な言語が流行ってるっぽいので気になるワークショップですな。スライドとかぱっとみたところ、あんまし、アピールしてるような感じじゃないっぽいきがした。

とりあえず、機会があれば、それなりのアプリケーション 作ってみて Haskell とか使ってみるかって感じ。

POPL 2006 の invited talks の「The Next Mainstream Programming Language: A Game Developer's Perspective」で Haskell がいいぜ(?)、かどうかしらないけど、ちょっと参照して書かれてたのが気になってる。

あと、GPCE 2006 の「Software Extension and Integration with Type Classes」でも Haskell いいよ、みたいなのがあったので気になる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asatohan.blog77.fc2.com/tb.php/29-1af6e619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。